HOME  二色の浜とは

白砂青松のコントラストがおりなす美しいパノラマビーチ。
白い砂と青い海、松林の緑のコントラストが美しい二色の浜公園。
大阪府下で随一の海水浴場は、多くの海水浴客で賑わう。
色鮮やかな松林を背景に、近木川河口から南へのびる
白砂のビーチが約1キロメートル続く。
帆船マストのモニュメントが公園のシンボルともなっています。
地名の由来は、砂浜の白色と松林の青色の二色からといわれています。
かつてここは、白砂青松の松原が続き、漁民の集落がありました。海岸の美しさは、紀貫之が土佐日記の中で「松の色は青く、磯の波は雪のごとくに白く、貝の色は蘇芳(すおう:赤紫色)にて・・・」と紹介しています。昭和62年には、社団法人日本の松の緑を守る会から「21世紀に引き継ぎたい日本の白砂青松100選」のひとつに選ばれました。
二色の浜が現在の姿になったのは、平成3年末です。奥行き約200メートル、幅約1キロメートルの白浜のビーチが完成。市内外から、年間約100万人の人々が訪れています。潮干狩り・海水浴・マリンスポーツ・バーベキューなど人々が賑わう場所です。浜からの景観も素晴らしく、晴れた日は、関西国際空港や明石海峡大橋が一望できます
二色の浜で楽しいひとときをお過ごしください。